24 2018

集合体で力を分散



この野面積み、石は、表面に見える幅に対し、約2倍の大きさの奥行きがある。また、隙間に入れたある小さめの石は、始めのうちはスカスカ。何度か揺れるうちにしまってきて、抜けなくなる。揺れに対する、「余裕」を持たせて強度を出す、気候風土に合わせた技です。。こういった自然石をほぼそのまま使う石積みの手法は、世界でも日本だけだそうです。

DSC08788.jpg



小野育代建築設計事務所のホームページ
関連記事

ものづくり 現場 建築

0 Comments

Leave a comment